資料・書籍

ここでは、「資料・書籍」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アテネ民主政 命をかけた八人の政治家 (講談社選書メチエ)アテネ民主政 命をかけた八人の政治家 (講談社選書メチエ)
(2010/04/09)
澤田 典子

商品詳細を見る


私の動画を救ってくれた本その2。

古典期アテナイの政治家に関する有名な資料に、プルタルコスの「対比列伝(英雄伝)」があります。
私の動画に出てくるペリクレス・アルキビアデス・ニキアスなどについて纏めている、貴重な古代の著作です。

しかし……読めばわかりますが、「対比列伝」の内容は、すなおに鵜呑みにできません。
この本の記述をそのまま信用すると、たとえばペリクレスは自分の愛人(アスパシア)にそそのかされて戦争を始めちゃったり、国内の自分に対する不満をそらすためにペロポネソス戦争を始めちゃったりと、どこが大政治家なのかわからないことになります。
(まあ、当時どのような評価を受けていたのか、どんなうわさがあったのかを知るものとしてはよい資料なのですが)

本書は、僭主政が終わりアテナイが民主政に移行した草創期から、いわゆる古典期と呼ばれるアテナイの最盛期、そしてペロポネソス戦争を経てアテナイが衰退しにマケドニアに屈するまでの180年間に活躍した、著名なアテナイ政治家八人を取り上げて、人物からアテナイ民主政を見る、という、初学者に非常に分かりやすいアプローチで書かれています。
特に、近年のプロソポグラフィ(歴史上人物の経歴を多数の資料から洗い出し、そこから当時の政治や社会を考察する手法)による研究を元に、多角的に人物に迫っています。そのため、「対比列伝」やこれまでの概説書ではわからなかった政治家たちの一面を見ることができます。そして、アテナイ民主政が、実際にどのように運営され、変容していったのかを、八人の政治家がどのように生きたかを追っていくことによって、具体的に描き出すことに成功しています。

本書を読めば、副題の「命をかけた八人の政治家」という言葉が、伊達ではないことがよくわかります。
告発され、裁判に負ければ、救国の英雄すら財産を没収され、監獄で毒杯を仰がねばならないアテナイの民主政。生きるか死ぬかの瀬戸際を常に渡らねばならないからこそ、時に極端な方向に走り、迷走する様は、人間の醜い一面をも浮き彫りにしています。

日本語のアテナイ民主政に関する入門書としては丘のうえの民主政―古代アテネの実験という良書(これも別に取り上げる予定)もありますが、両方を読んで補完するのがよいと思います。
(私は上記二冊で、だいぶん「わかった気」になることができました)

この時代のアテナイ政治に興味がある人は必読です。
スポンサーサイト
西洋古典学事典西洋古典学事典
(2010/06)
松原 國師

商品詳細を見る


日本語での古代ギリシア・ローマに関する事典の決定版と言っていい内容。
これを個人でまとめた著者の努力はまったく賞賛に値します。

ギリシア・ローマの神話から古代ローマに到るまでの、人名・地名・用語を網羅し、しかもそれぞれの日本語・ギリシア語・ラテン語・英語を始めとする各国語の記載もあり。

各記事は基本的に古典資料の記述を元に、近年の研究内容も一部反映して、さらに膨大な出典元が逐一添えられ、容易に原典に当たることが可能。

そして、巻末の付録はギリシア神話・古代ギリシア・ローマ・古代中東諸国・哲学諸派の系図あり。

古代ギリシア・ローマについて概説書以上に個々の内容を掘り下げたいという人には、まったくありがたい著作です。

欠点もあります。
でかくて高い。
くそ狭い私の部屋では、本棚には当然入りきらず、畳の上に置きっぱなしです。
1674ページあるため、厚さは8cmもあります。
そして、一冊で三万円近くするという価格。
まぁ、この内容のボリュームならやむをえません。
この時代についてより深く知りたい、関連の古典資料を当たっていきたいという人には、決して高い買い物じゃないと断言できます。

まあ、いくつか誤認とか誤字を見つけましたが、致命的なレベルではないし、この本内の項目でクロスチェックすればすぐわかります。
そんなもの気にならなくなるほど充実した一冊です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。