アイペロ おまけ編3について

ここでは、「アイペロ おまけ編3について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古代ギリシア人を構成する言語集団、イオニア人、アイオリス人、ドーリス人について。
 
 
 
出オチ:
松本零士作品は好きでした。「999」「男おいどん」が私の中で双璧ですが、ほかにも「キャプテンハーロック」「エメラルダス」「戦場まんがシリーズ(特に『鉄の竜騎兵』)」「大四畳半大物語」「大純情くん」「ミライザーバン」「セクサロイド」……。うーん、生まれる前の作品しかねぇな。
ただし、メーテルの目にトーンが張られてからは(ry

テュポーン:
頭は天に、両手を伸ばせば東西の世界の果てに届き、肩からは数多の竜を、体からは無数のつばさを生やした、ギリシア神話上最強の怪物です。一度はゼウスも敗北し、両足の腱を外されて幽閉されますが、相変わらず人をだますことに抵抗のないギリシャの神々の策略にはまって、腱は取り返され、さらに「無常の果実」という望みが叶わなくなる物まで食わされて力を抜かれたうえで、シチリアのエトナ火山の下敷きにされて封印されました。英語の「typhoon」の語源ともいわれます。
アステロペテスが負けたことをポイボスがばらしていますが、テュポーン初登場時オリュンポス十二神ですらゼウス以外は恐れをなして動物に変化して逃げ出したということですから、情けなさではポイボスのほうが上のような気がする。

ヘラへの求婚:
字幕を間違えてまして「雨にぬれたカッコウ(ヘラの好きな鳥)に化けて、ヘラがかわいそうにと膝の上に載せたところで正体を現した」が正しいです。
コメントされている方もいましたが、ヘラは既婚女性の円満な生活をつかさどる神ですので、この時正妻の地位を要求し、ゼウスはしぶしぶそれを受け入れています。
まぁ、これで浮気を止めるようなギリシア最高神ではありませんが。

「不倫は文化だ」:
石田純一の発言が元ネタですが、もう15年も前なんですなぁ、このエピソード。
正確には「不倫は文化」とは言っていないんですが、マスコミに発言を切り取られて、このセリフだけ一人歩きしてしまいましたね。まぁ元の発言も言い訳臭いんで、結局自業自得の面が大きいと思いますが。

からなべ:
こわいよね。

言語集団:
学術的に正しい言葉じゃありませんが、いい用語がなかったので。

インド・ヨーロッパ語族:
プロパガンダに使われたり、トンデモのネタになったりする厄介な用語だと思います。真面目に言語学について調べていないので、今現在この用語の扱いがどうなのかもよくわかってませんが、お目こぼしください。

民族のくくり:
本当にいろいろあるので面倒です。ここら辺は真面目に勉強するつもりがなければ、あまり首を突っ込まないほうがいいように思います。

ギリシア語をしゃべる人:
ギリシア人のポリスに所属し、ギリシア語をしゃべる人はギリシャ人、それ以外は異民族(バルバロイ、蛮族)、または奴隷。わかりやすいと言えば分りやすい。

ギリシア人のギリシア本土侵入:
いろいろ調べたんですが、まとまった本がなく、色々な本からのつぎはぎです。しかも本の年代や筆者によって、微妙に違うという……。
というわけで、お茶に濁してしまっています。

ギリシア人の植民:
本当は前8世紀~6世紀にも別の理由で植民をし続けているんですが、とりあえず割愛しました。

土地がやせていた場所:
コメントで「ギリシャはどこも土地がやせているイメージがある」とあって、私もそんなイメージを抱いていたんですが、まぁ、比較をしてみると、ということだと思っています。
アルカディアは土地がやせているというか、600~900mの山ばかりの地域で、放牧くらいしか産業がありません。わかりやすくいうと前近代のスイスみたいなもん、なのかな。
アッティカの土地がなぜ(またはどういう風に)やせているのかは……すみませんよくわかりませんでした。ただ、穀物の生産量が人口に追いついていなかったのは確かです。

次回の解説:
ペルシア戦争から本編までの50年を本当はやりたいんです。「戦史」にも入っていることだし。
しかし、淡々とやるだけだとつまらないので、コメント通り外伝にでもしたほうがいいかなぁと思います。「戦史」とヘロドトスの「歴史」と「対比列伝」を読みこまないといけないので、いつやれるかわかりませんが。
スパルタの国政は本編でしっかりやるのは難しそうなので、おまけ編で一度やります。
「各ポリスの文化的特徴」……む、難しそうネタを……。うーん、これからの資料の読み込み次第ということで。がんばります。

参考文献:
いわゆる「積ん読」状態のものがまだあるんですが、じ、時間が……。
それに、ここに載せた中でも、通して読んでないのもあるし。
そもそも、一度通しで読んだくらいで理解できる頭があったら、苦労はしないよなぁ。
 
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。