アイペロ 第1話前編について

ここでは、「アイペロ 第1話前編について」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とりあえず、アイドル全員が古代ギリシアに登場するまでは何とか作ろうと思って作り始めた第1話。
りっちゃん、あずささん、美希、亜美、真美、雪歩登場。
この回も、細かい歴史の知識はあまり入っていません。


OP:
なんか好評なので、もう少し作りなおしてみた。
でも、OP途中に出てくるアリストパネスネタは没になりました。
先の展開を全く考えず作るからこうなるという悪い見本。

ペリクレス:
古代ギリシア最高の政治家、との呼び声高い人。
古典期アテナイで三本の指に入る名門の一つ、アルクメオン家の血を母方から受け継いでいます。
しかも顔もよく、民主政にもっとも必要な弁論の才能を持ち、その演説は今でも欧米政治家の演説の礎になっているというチートスキルの持ち主。

ハゲで背のひくい男:
しかも、貧乏で、いざという時には小食に耐えた人だというのにおなかぽっこりです。
目に見える美しさ至上主義、ブサメンの地獄ともいえる古代ギリシアにおいて、あれだけ多くの人から愛されるという不思議。
それにしても、途中で名前を表示してしまうという致命的ミスががが

あと、劇中のソクラテスはまだ結婚してないです。当時のアテナイ市民は30歳前後で結婚するのが普通だそうですが、ソクラテスはほぼ間違いなく晩婚と思われるので。

アンソシア:
「お花さん」的な名前……のはず。
たぶんトラキアか黒海あたりから、幼いころにアテナイに売られてきたと思われます。
異民族の血筋だけど、キャリアは長いのでギリシア語バリバリです。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。